サイズ・特徴
正面扉は木目の美しさに定評のある
『尾州桧(木曽桧)』で作られています。
上品な細い木目は見た目の美しさはもちろん、
礼拝する時の気持ちをも凛とさせます。
正面扉は『唐戸』と呼ばれる木組みの
扉で、落ち着いた風格があります。
本社、末社がつながっています。
本社(中央)には高さ32センチまで
末社(両脇)には高さ27.5センチのお札
を納めることができます。
『尾州桧』は樹齢が250年前後の木材で、
木曽桧の中でも特に限られた地域で産出する
木材です。『ひのき材』に比べ柾目の細い木目、
わずかにピンクがかった色で見た目に美しく
経年変化も少ないので『反りや割れ』
が起こりにくい材です。

神棚
材質
 主材:尾州桧(木曽桧材)
 複合材:樅材
外寸 高390×巾745×奥行220ミリ
内寸 内寸:高320×巾440×奥行40ミリ
末社:高275×奥行40ミリ
※内陣は屋根が勾配になっていますので厚さ(奥行き)の厚いお札の場合は内寸の最大サイズでは入らない場合がございます。
備考手作りの為サイズ、仕様が多少異なる場合があります。
木目、色は製作時により異なります。

画像クリックすると詳細画像を御覧いただけます



【あす楽対応】 出雲 神棚 屋根違い三社型(大 【送料無料】 高39)扉唐戸尾州桧(木曽桧)国産・日本製-その他

【あす楽対応】 出雲 神棚 屋根違い三社型(大 【送料無料】 高39)扉唐戸尾州桧(木曽桧)国産・日本製-その他

人気記事

【あす楽対応】 出雲 神棚 屋根違い三社型(大 【送料無料】 高39)扉唐戸尾州桧(木曽桧)国産・日本製-その他

月別アーカイブ
アクセスカウンター